XM

XM口座開設をスマホでする手順【画像付き】

XMではスマホからでも口座開設をすることができます。

XMは世界的にも大きな会社で、信頼性と利便性があり、スマホユーザーでもご不便なく取引を行うことが可能です。

実はXMを使っている50パーセントのユーザーはスマホを使って口座開設と取引をしています。

またスマホから取引と入出金ができ、FXやCFD取引も可能になっています。しかし、初めて口座開設をする方にとっては入力事項で分からない点などがあると思います。

そこで、スマホから口座開設をする手順について画像を使って解説していきます。

口座開設をする(無料)

スマホだけでXM口座開設に必要な物

XMではFXやCFD取引をすることが可能でスマートフォンから口座開設、入出金、取引のすべてを行うことができiphoneやAndroid対応のXMアプリケーションもあります。

XMで口座開設する際に必要になる事項は「住居証明書と身分証明書の2点のデータ書類の提出」「18歳以上であること」のみです。

口座開設はパソコンからの印象が強いと思いますが、XMではスマホだけですべて完結されており口座開設には約3分で完了しとても簡単です。

それではスマホからXM口座開設をする手順について画像付きで紹介していきます。

まずは、XMTradingの口座開設ぺージにアクセスしてください。

XMで口座開設をする(無料)

Step1:リアル口座の登録をする1/2

XMで口座開設をするボタンを押すと「リアル口座の登録1/2」フォームが開くので入力し「ステップ2へ進む」を押します。

「リアル口座の登録1/2」フォームの上記での記入事項

1:お名前(例)Taro

2:居住国(例)Jpan

3:希望言語(例)日本語

4:電話番号(例)+8190123456789

5:Eメール(例)****@gmail.com

電話のコード「+81」などは国際電話を利用する際にどこの国なのかを判別するコードなので、日本の通信会社を使っていれば「+81」と入力してください。例:アメリカ「+1」日本「+81」

またXMでは1人で複数のメールアドレスに登録することはできません。ただ、1つのメールアドレス登録で最大8口座を持つことが可能です。登録フォームでは全てローマ字での入力になります。

取引口座詳細を選択する

取引口座詳細へ進むと取引プラットフォームタイプを選択します。

口座タイプでは「スタンダード」「マイクロ」「XM Zero」の3つが表示されます。

XMで推奨されているのはスタンダード口座です。スタンダード口座とはXMが提供している最もベーシックな口座タイプで、口座開設や入金ボーナスを受け取ることに加えて、最大1000倍のレバレッジをかけて取引ができる口座になっています。

取引プラットフォームタイプと口座タイプの選び方について下記で紹介しています。

2項目を選択し画面下部の「ステップ2へ進む」をタップします。

MT4とMT5どっちを使うべき?

取引口座詳細を選択する際に取引プラットフォームタイプでMT4とMT5があり、どちらを使うべきか悩むと思います。

そこでMT4とMT5の違いと機能について徹底解説していきます。

まずMT4とMT5には6つの違いがあります。

MT4とMT5の6つの違い
  1. 対応している業者の多さ
  2. インジケーターの多さ
  3. 使えるEAの多さ
  4. 時間足の多さ
  5. 動作速度の速さ
  6. 情報の多さ

①MT4はMT5よりもリリース日が早いためMT4を導入している業者が多いいです。そのためMT4を使うトレーダーのほうが圧倒的に多いです。

②MT4はMT5よりもインジケーターが多いです。インジケーターとは売買をするときにチャートで分析をするツールです。

③MT4はMT5よりもEAが多いです。EAとはエキスパートアドバイザーの略でオートマチックでトレードをするツールです。

④MT4はMT5よりも時間足が多いです。時間足とは時間単位のローソク足のことです。

MT5はMT4よりも動作速度の速いです。MT5は64bitマシンで設計されているためMT4の34bitよりも早くなります。

⑥MT4はMT5よりも情報が多いです。MT4は世界で4000万人もの人口が使用しているため機能面で分からない場合でも検索すれば情報を探して出すことが簡単になっています。

2つを比べてみると遥かにMT4の方が機能が揃っており使っている方が多いようです。ただ、XMでは1人8つまで口座を登録することができるのでMT4とMT5の両方を使ってみてもいいと思います!

XMの口座タイプはスタンダード口座がおすすめ!

XMには3つの口座タイプが用意されています。それぞれの口座タイプの違いは「1ロットの違い」「ボーナスの有無」「スプレッドが狭い」の3つの点です。

   スタンダードマイクロ  ゼロ    
レバレッジ1000倍1000倍500倍
1ロットの単位10万通貨1000通貨10万通貨
スプレッド1.6pips1.6pips0.2pips
取引手数料なしなしあり
ボーナスありあり口座開設のみ
最低入金金額500円500円2万円

XMが推奨するスタンダード口座はすべてのボーナスを受け取ることができ、1ロットで10万通貨で取引ができ初期費用のない人でも十分に取引をすることができます。

ゼロではスプレッドが低いところが一番の魅力です。そのためスキャルピング戦略で取引をする人にはおすすめします。

しかし、ボーナスがもらえない事とレバレッジが低いというデメリットもあるので、特にこだわりがなければスタンダード口座を選ぶといいですよ!

それでは本題の取引口座詳細の次の解説を続けます。

Step2:リアル口座の登録をする2/2

リアル口座の登録2/2へ進むと個人情報、住所詳細、取引口座詳細を選択、投資家情報の選択口座パスワードの設定&利用規約の確認の項目があるので入力していきます。

個人情報ではお名前と生年月日を入力します。お名前は全角カタカナ表記となっています。

住所詳細を入力する

住所詳細へ進むと英語で住所をします。英語での住所入力に慣れていない方は日本語住所を英語表記サービスをご利用ください。


住所詳細の入力例


都道府県・市:(例)Tokyo
番地・部屋番号:(例)101-1-12
区町村・町名:(例)Hibiya, Chiyoda-ku
郵便番号: (例)1112222(ハイフンなしで数字だけ入力)
米国市民の確認:「いいえ」を選択

住所は本人確認書類と同じ住所を入力する必要があります。

取引口座詳細を選択する

取引口座詳細で通貨、レバレッジ、口座ボーナスを選択することができます。

口座の通貨は入出金を日本円でする方はJPYを選ぶことをお勧めします。理由としてはドルやユーロ通貨口座を使うと入出金の際に手数料が取られるというデメリットがあるので注意しましょう。

口座ボーナスは必ずボーナスを受け取りを希望するを選択しましょう。

また、間違えて口座ボーナスを受け取り拒否を選択して登録した場合はXMサポートデスクに問い合わせすると変更することができます。

投資家情報を選択する

金融取引登録業者は投資家の資産状況や投資目的などを把握する義務があるため、投資家情報を入力する必要があります。


取引口座詳細・投資家情報の入力例


投資額: (例)「0 – 20,000」
所得総額(USD): ドル換算した年収幅を選択。
総資産(USD): ドル換算した総資産幅を選択。
学歴:最終学歴を選択。
取引の目的及び性質:(例)投資
雇用形態:(例)被雇用者
職種:職種を選択。

投資家情報で口座開設ができないことはないので、現在の年収や学歴など入力すれば問題はありません。

また、投資額が低くても審査には影響しません。

口座パスワードの設定をする

口座パスワードを設定します。このパスワード作成は自動では発行されないので自分で作成をしなければなりません。

またパスワードには、小文字、大文字、数字の3種類の文字を含める必要があります。

最後に利用規約確認の2つの項目にチェックを入れて「リアル口座開設」をタップをすると登録したEメールアドレスに確認メールが届きます。

口座開設後Eメールアドレスを確認する

口座開設時に登録したEメールアドレスに確認メールが届くので「Eメールアドレスをご確認ください。」をタップすると正式に口座開設されます。

確認メールは口座開設後の24時間のみ有効になっているので、登録時にEメールをご確認下さい。もし登録から2日を超えた場合はXMTradingサポートデスクに問い合わせてみましょう。

サーバー番号とMT4のIDを受け取りログイン

こちらも口座開設時に登録したEメールアドレス宛に「サーバー番号」と「MT4のID」が送られてきます。

MT4のIDとサーバー番号は取引口座にログイン時に必要になるのでスクリーンショットするなど、大切に保管しましょう。

以上でスマホを使って口座開設をする手順でした。

また、リアル口座開設およびデモ口座も開設し取引の練習をしたい方もいるのではないでしょうか?

デモ口座の開設はもっと簡単です。

XMでデモ口座開設をする(無料)

本人確認書類の提出の方法

XMではリアル口座有効化のため身分証明書や現住所証明書の提出を求められます。

リアル口座未効化のままでも入金はできますが、出金ができないので必ず有効化にしましょう。

本人書類はスマホからでも簡単に提出できます。

初回入金ボーナス3000円分は本人確認書類の提出後にとなります。

XMで受付可能な本人確認書類

自動車運転免許証

マイナンバーカード

パスポート(旅券)

在留カード特別永住者証明書

4点から受付可能な本人書類になりますが、すべて有効期限内の書類に限りますのでご注意ください。

また、XMへ本人確認書類を提出する際、カメラで撮影したデジタルデータまたは、スキャンしたデータをご用意ください。尚、提出するデータは四隅全てが写っていないと、再度提出を求められるのでご注意ください。

XMで受け付け不可能な身分証明書は住民基本台帳カード、学生証、社員証の3点は身分証明書としてご利用できません。

XMで受付可能な現住所証明書

現住所証明書もカメラで撮影したデジタルデータまたは、スキャンしたデータをご用意ください。

XMで受付可能な現住所証明書が以下の通りになります。

健康保険(被保険者)証・有効期限のもの
・表面に住所が記載されているもの
住民票・発行日から6ヶ月以内のもの
・必要な記載事項が記載されているもの
印鑑登録証明書・発行日から6ヶ月以内のもの
公共料金請求書/領収書(電気料金・ガス・水道)・発行日から6ヶ月以内のもの
・必要な記載事項が、同じページに記載されているもの
・発行元が明確なもの
固定電話・携帯電話料金請求書/領収書・発行日から6ヶ月以内のもの
・必要な記載事項が、同じページに記載されているもの
・発行元が明確なもの
クレジットカード・銀行利用明細書/請求書・発行日から6ヶ月以内のもの
・必要な記載事項が、同じページに記載されているもの
・発行元が明確なもの
納税通知書(領収証書)などの租税通知書・発行日から6ヶ月以内のもの
・必要な記載事項が、同じページに記載されているもの

本人確認書類はFAXや郵送での受付を行っていませんので写真を撮影して提出という形になります。

書類提出後のリアル口座有効化

口座開設後に本人確認証明書を提出するとEメールアドレスからリアル口座有効化完了メールが受信されます。

証明書類アップロード後XMにて審査が行われ24時間以内に口座有効化のメールが届きます。

書類の審査には30分から半日掛かるとされています。

しかし、平日の夕方~深夜の時間帯で書類を提出すると最短で審査が完了すると言われています。

そして審査に合格するとXMから「口座有効化のお知らせ (XMTrading) – ******」のメールが受信され取引や入出力やボーナスの受け取り全てを利用する事が可能になります。

XMボーナスの受け取り方を徹底解説!

また、XMの会員ページに行くとアカウント名の隣に認証済みマークが表示されます。

以上で口座開設からリアル口座有効化のプロセスは完了しました。

有効化完了後に入出金をしてボーナスをもらってみましょう!

XMで口座開設をする(無料)

XMボーナスの受け取り方を徹底解説!