事件

F15墜落の不明パイロットの名前は?小松基地戦闘機

1月31日午後5時半頃、石川県小松市小松基地から離陸したF15戦闘機がレーダーから消え行方不明になっています。

村松葵の顔画像!「イライラしたから放火」慶應義塾大学

眼球破裂した高校生の顔画像!「壁にぶつかり自損した」沖縄警察署

土屋美保の顔画像!「子どもを故意に殺した」埼玉志木市

行方不明になったF15戦闘機隊員は通称「アグレッサー」と呼ばれる練度の高いパイロットが所属している部隊で訓練の際は敵の役として飛行していたとのこと。

そこでF15墜落事故の原因や不明パイロットの名前などを調査してみました。

F15戦闘機墜落事故の原因

1月31日午後5時半頃、小松基地から離陸したF15戦闘機が小松基地の沖合から約5キロ付近でレーダーから消え隊員2人が行方不明になっています。

F15は訓練のため4機編隊で小松基地を離陸した最後尾の1機が行方不明になりました。

墜落したとみられる2人は航空自衛隊小松基地に拠点を置く「飛行教導群」通称アグレッサーに所属しており、主に敵役として戦闘機部隊の訓練相手をしており、飛行教導群の塗装には敵と区別しやすいように派手な塗装をしています。

岸信夫防衛相は記者会見で機体の点検やパイロットの安全教育を再徹底させると述べ「今回は訓練に向かう途中の単独の事故でありF15の飛行停止は予定していない」などとはなしています。

アグレッサー部隊の隊員は全員エースクラスの隊員なので、そんな彼らが操縦ヘマをする訳がないですし、機体に何かトラブルがあったに違いないと思われますね。

村松葵の顔画像!「イライラしたから放火」慶應義塾大学

眼球破裂した高校生の顔画像!「壁にぶつかり自損した」沖縄警察署

土屋美保の顔画像!「子どもを故意に殺した」埼玉志木市

パイロットの名前

小松基地から離陸したF15戦闘機には2人が搭乗していたとのこと。

不明になっているパイロットについて調査をしてみたところ現時点では名前、年齢、性別、顔画像などの情報は報じられておりませんでした。

F15機体が行方不明になった時刻に、日本海に火柱が上がるのを目撃した人もいるようで、小松基地から離陸したF15は整備不良などの何らかのアクシデントで墜落したと思われます。自衛隊が救難へリを派遣したところ、海上でF15の外板や救命装備品の一部を発見しています。

F15戦闘機がレーダーから消失した後、自衛隊や海上保安庁や巡視船などが捜索を続けています。上記の写真にはひょうが、はくさん、U125などが捜索にあたっているとのこと。

F15の値段は?

日本を守ってくださっている自衛隊様に日々感謝しかないです。

日本国で使われているF15戦闘機について調査してみました。

F-15戦闘機はアメリカのボーイング社が作った戦闘機で価格は約30億円ほどします。

F15は1972年に開発され今も現役で活躍しているとのこと。また2021年までに1233機も作られておりアメリカと日本だけではなくサウジアラビアやイスラエルでも軍備で使われています。

F15戦闘機墜落事件について情報が入り次第追記・更新していきます。

村松葵の顔画像!「イライラしたから放火」慶應義塾大学

眼球破裂した高校生の顔画像!「壁にぶつかり自損した」沖縄警察署

土屋美保の顔画像!「子どもを故意に殺した」埼玉志木市