藤原竜也はタコ好きで実家はタコ焼き屋?子供の頃のタコエピソードは?

俳優
出典:https://thetv.jp/

独特な世界観で話題の映画「Diner ダイナー」

その作品で主演を務めている藤原竜也さんですが、その名前をネット上で検索すると、「タコ好き」・「タコ料理」・「タコ好物」とタコに関連するワードばかり。

実は藤原竜也さんはタコ好きとして知られており、番組でもタコへの愛情を熱く語っています。

そこで今回は、藤原竜也さんとタコにまつわる噂まとめました。

スポンサーリンク

藤原竜也はタコ好きで実家はタコ焼き屋?

藤原竜也はタコ好き

https://ameblo.jp/

藤原竜也さんが、映画「Diner ダイナー」の番宣を兼ねて7月3日に日本テレビ系で放送された「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」で実はタコ好きと語り話題になりました。

実は、藤原竜也さんのタコ好きはファンの間では有名な話として知られています。

藤原竜也さんのタコ好きが知られるきっかけになったのが、2011年11月に放送された「誰だって波瀾爆笑」。

番組内で、新鮮なタコ料理を堪能すると、子供の頃から大好きだったタコについて語り、大きな反響を呼びました。

なぜ、それほどまでにタコが好きなのかというと、実は藤原竜也さんの母親は埼玉県でタコ焼き屋さんを経営していたのです。

実際、過去に放送された「藤原竜也の一回道」という番組内では子供の頃は帰宅すると、お父さんが小麦粉まみれになっていたと語っていました。

子供の頃から馴染みがあると、大人に成長しても好きなままのものってあると思いますし、それが藤原竜也さんにとってはタコだったのでしょうね。

スポンサーリンク

藤原竜也の子供の頃のタコエピソードは?

藤原竜也はタコ好き

https://twitter.com/

そんな藤原竜也さんですが、その「タコ愛」から子供の頃のいくつかのタコエピソードを語っていました。

実は、藤原竜也さんのタコ好きはかなりのもので、子供の頃は回転寿司でもタコしか食べていなかったとコメント。

そのことがきっかけで、友達からは「タコのたっちゃん」というあだ名で呼ばれていたことも明かしています。

さらにお母さんの作る料理で好きなものは、母親の作るタコ焼きとお店で残ったタコを使った料理だったと語っており、身近にあったタコがかなり食生活にも影響していたようです。

先ほどの「誰だった波瀾万丈」でも、生タコの刺身やタコしゃぶといった新鮮なタコを食べて、満面の笑みをこぼしており、子供の頃だけでなく、現在もかなり好きなようですね。

スポンサーリンク

藤原竜也主演の映画「Diner ダイナー」が公開中

藤原竜也の出演映画「ダイナー」

https://www.fashion-press.net/

今や俳優の中でも屈指の演技力を誇っている藤原竜也さんが主演を務める映画「Diner ダイナー」が現在公開中。

「Diner ダイナー」は、平山夢明さんの小説「ダイナー」を原作にしており、店主も客も全員が殺し屋という「ダイナー(食堂)」を舞台に繰り広げられます。

この作品の監督を務めるのは、「ヘルタースケルター」などのヒット作を輩出した蜷川実花さんで、藤原竜也さんは元殺し屋でありながら天才シェフの店主のボンベロを演じています。

公開前には、「藤原竜也」がTwitterの世界トレンド1位を獲得したり、公開日前日からしばらく「ダイナー」がトレンドに入り続けており、公開直後から大ヒットを記録。

さらに、本作のかなり変わった世界観にのめり込んでいる人も多く、イラスト・切り絵・マンガ・ネタ動画などがTwitterで拡散されたり、映画館にリピートしに行く方も多くいます。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで藤原竜也さんについてまとめてきました。

話題の最新作「Diner ダイナー」で主演を務めており、その狂気的な演技が人気を呼んでいます。

そんな藤原竜也さんですが、印象とは異なり、子供の頃から「タコには目がない」と語っており、現在でも大好物。

実家はタコ焼き屋さんを経営していたことが影響しているようですが、子供の頃にあだながつくほどとはかなりのタコ好きですね。

・タコ好きとして知られており、実家はタコ焼き屋さんを経営。

・子供の頃には「タコのたっちゃん」というあだ名がついていた。(笑)

・藤原竜也さん主演の映画「Diner ダイナー」がネット上で話題になっている

コメント

タイトルとURLをコピーしました