松坂桃李の学生時代のあだ名は箱ティッシュ男?いじめが原因で引きこもり?

松坂桃李の箱ティッシュ男俳優
出典:https://eiga.com/

戦隊シリーズの主演からスターダムを駆け上り、現在は日本でも有数の人気俳優になっている松坂桃李さん。

公開中の映画「新聞記者」での演技は芸能界でも高評価を得ており、興行的にもヒットになっています。

そんな松坂桃李さんですが、実は根暗だと告白しており、学生時代には「箱ティッシュ男」というあだ名がつけられていたことも。

そこで今回は、松坂桃李さんにまつわる噂についてまとめていきます。

スポンサーリンク

松坂桃李が主演を務めている映画がヒット!

今を時めく若手俳優の松坂桃李さんは、6月28日から公開している映画「新聞記者」で主演を務めています。

「報道メディアは権力にどう対峙するのか」をテーマにしたこの作品は公開直後から注目を集めており、公開からわずか11日で興行収入2億円を突破しました。

松坂桃李さんとシム・ウンギョンさんのW主演で描かれている本作は、政治色が強いだけでなく、見ている人にも力強いメッセージを伝える、政治サスペンス映画です。

この作品に関して、芸能人の間でも高い評価がされており、Twitterでは、小島慶子さんが「映画『新聞記者』、時間捻出して見て本当に良かった。キャストが皆秀逸。シム・ウンギョンさんも松坂桃李さんも、素晴らしい」とツイート。

近年進む若者の政治離れに一石を投じる作品になっており、ネット上を中心に話題になっています。

スポンサーリンク

松坂桃李の学生時代のあだ名は箱ティッシュ男?

イケメン俳優の松坂桃李さんですが、実は学生時代には「箱ティッシュ男」という不名誉なあだ名がついていたと告白しています。

実は松坂桃李さんは学生時代からかなりの鼻炎持ちだったため、高校時代には学校に箱ティッシュを持ち歩いていました。

毎日のように箱ティッシュを持ち歩いている松坂桃李さんを見て、当時の友達が「箱ティッシュ男」とあだ名をつけたようです。

そんなある日、友達がそんな松坂桃李さんを面白がって、箱ティッシュを隠すいたずらをしました。

すると、普段は温厚な松坂桃李さんは友達に「いい加減にしろ!」とキレてしまったそう。

これが学生時代に唯一本気で怒った出来事を明かしており、本人にとってはティッシュはかなり大切だったようです。

スポンサーリンク

松坂桃李はいじめが原因で引きこもり?

今となっては押しも押されぬ有名俳優の松坂桃李さんですが、実は過去にいじめられていた経験があるそうです。

気になるいじめられていた原因についてですが、意外にもその理由は名前にあったようです。

「松坂桃李」というのは本名なのですが、そこに含まれている「桃」という字が女の子みたいという理由だったそうです。

いじめられていたのは小学生の頃という事で、今となっては些細な理由であっても、当時はかなりつらかったと思います。

テレビでの煌びやかなイメージとは異なり、松坂桃李さんは、友達や趣味もなく、休みの日はずっと一人で過ごしているとのこと。

具体的には、フジテレビ系列で放送された「ボクらの時代」にて「休日の『あ』と1人で声を出す」・「妄想でムカつく奴を追い込む」などと語っています。

松坂桃李さんは、かなり根暗だと自身でも告白しており、その性格は子供の頃の苦い経験から来たのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで松坂桃李さんについてまとめてきました。

松坂桃李さんといえば、近年は数多くの作品に出演しており、「人気若手俳優」の地位を確立しています。

現在上映中の映画「新聞記者」でも素晴らしい演技を披露していますが、実は幼少期にはいじめられていた事も明かしています。

小学生の頃に自身の名前について周りからいじめられ、それが現在の引きこもりな性格の原因の一つになっているのかもしれません。

ただ持ち前の演技力で、煌びやかな芸能界で活躍している松坂桃李さんのこれからの活躍にも期待したいですね。

・現在公開中の映画、「新聞記者」がネット上話題になっている

・鼻炎持ちだった事から学生時代には「箱ティッシュ男」のあだ名がついていた

・引きこもりであることを告白しており、幼少期のいじめが原因とも言われている

コメント

タイトルとURLをコピーしました