事件

【東大刺傷事件】犯人17歳少年の両親の職業は医者?高校は東海高校!

2022年1月15日、東京大学弥生キャンパスで3人が刺され重軽傷がでた事件。

逮捕された犯人は17歳の少年、高校2年生で受験生ではなかったようです。

東大刺傷事件:犯人(17歳少年)顔画像と高校は名古屋のどこ?「犯行前に、付近に火を付けた」衝撃の犯行理由!

そこで新たな情報が入りました。

それは17歳少年が通っていた高校が東海高校ということが判明しました!犯人が通っていた東海高校は名門エリート男子校として有名ということで一体なにがあったのでしょうか?

犯人の両親の職業などについてもまとめてみました。

東大刺傷事件:犯行動機

2022年1月15日、東京大学弥生キャンパスで大学入学共通テストを受けていた70代の男性、女子高生1人、男子高校生1人の計3人が背中などを刺される事件が起きました。

逮捕された犯人は17歳の少年、高校2年生で受験生ではなかったようです。

警察による事情聴取での少年の供述

犯人17歳少年

勉強がうまくいかなくて事件を起こして死のうと思った

犯人17歳少年

目指している医者になれないのなら、このまま自殺しようと考えるようになりました

などと供述し、17歳少年は最初は自殺を考えていたようです。そして警察官が「なぜ他人を巻き込んだのか」という発言に対して少年はこのように発言しました。

犯人17歳少年

自殺する前に、人を殺して罪悪感を背負って切腹しようと考えるようになり、包丁やナイフ、金属ノコギリを買って用意しました

このような供述する犯人は絶えないですね。

このような事件を起こす方の心理は主に絶望感、孤独感、悲嘆、焦燥感、衝動性、強い苦痛感、無価値感、怒りなどの要因から犯行に及びます。

このような事件が起きたのは少年の親の責任でもあると思われます。もっと早く少年の気持ちを考えて相談するべきです。

そして犯行に使われた凶器は、刃渡り15センチの刃物とツールナイフ、20センチのノコギリを所持して去年から事件を起こすことを計画しており、犯行当時は詰め襟の学生服を着用していました。

また、瓶に入った可燃性液体、約3リットルが押収されています。

可燃性液体を所持ということで放火しようとしていたのでしょうか?

京都アニメーションや大阪ビルでもガソリンによる放火により沢山の方が亡くなっており、世間的にも可燃性液体の殺傷能力が高いことが知られておりこのような事件は後を絶たないですね。

また京都アニメーション放火事件後に新しい規制ができ、ガソリンを販売する際、販売者が購入者の身分証と利用目的を確認することを義務付けられています。

ですが17歳少年はどのように可燃性液体を購入したのかは判明していません。

自殺で悩んでいる場合は厚生労働省から電話相談窓口#いのちSOSがあるので気軽に相談することが大事です。こちらでは必要な支援策などについて一緒に考えてもらえます。

電話番号:0120-061-338

犯人はエリート男子高校生、東海高校

文集オンラインの報道で、17歳少年の通っていた高校が判明しました。

その高校は東海高校で愛知県の中では名門エリート男子校と呼ばれていて有名です。

気になる東海高校の偏差値は73で14年連続医学部合格者ランキング1位になっています。

そんな東海高校での17歳少年の性格や成績はどうだったのでしょうか?

17歳少年はいつも落ち着いて、成績も優秀で生徒会選挙に立候補したり、修学旅行の委員をやっていたり積極的に生徒たちをまとめるような学生だったとFLASHが報じています。

理3の定員は100名までなので、全国で100位以内に入らないといけないということでかなり勉強に命を懸けていたようです。

また生徒会選挙に出席するなど先生たちからの信頼もあり、かなり成績はいいと思われますが医者になれる成績は持っていなく、そのまま他殺と自殺を選ぶことになります。

17歳少年は完璧主義者なのかな?

犯人の両親の職業は医者?

少年は成績も優秀で生徒会選挙に立候補したり、修学旅行の委員をやっていたり積極的に生徒たちをまとめるような学生だったことから親や先生からの期待でプレッシャーがあったのではないかと思われます。

実は少年の父親が愛知県警に届けをだしており父親は

「学校に行っていると思っていたが登校しておらず、帰宅していない。成績不振で悩んでいた」と相談していました。息子の成績不振について父親は悩んでいたそうです。

犯人の両親の職業について調査してみました。

両親の職業について調べてみましたが現時点では報じられてなく、2チャンネルなどを閲覧しましたが、断定する情報は見つかりませんでした。ですが息子が医学部を志望しているとなれば親は医者の可能性もあると思われます。

両親の職業について判明次第随時更新いたします。

追記:事件前に現場を下見していた

17歳少年は警察の事情聴取で事件起こす前に現場を下見していたことが判明しました。

17歳少年は夜行バスに乗り東京大学弥生キャンパスに下見をした後は、どこかで時間を潰していたとされています。

17歳少年は2021年からこの事件を計画していたことから名古屋から可燃液体やノコギリを所持し上京したと思われます。

追記:少年の父親が謝罪文を出した!

事件後に、少年の父親が新た弁護士を通して謝罪文を出したことをyahooが報じました。

謝罪文

このたびは、世間をお騒がせしまして、誠に申し訳ございません。

被害にあわれましたご本人様には、心より申し訳なくお詫(わ)び申し上げます。

一日も早いご回復をお祈り申し上げますと共に、ご家族、ご関係者の方々にも併せてお詫び申し上げます。

現在、警察による捜査段階で、私共がこの件に関して行動することを控えるよう言われておりますので、被害者様へのお詫びにもお伺いできず、心苦しい限りです。

このたびは誠に申し訳ございませんでした。

yahoo

この謝罪文についてネット上の声では「この少年の家庭環境を知ることができないから、現時点で一概に親を責めることもできないと思う」という声が多数上がっていました。

まとめ

犯人は完璧主義者でこの先、医学部に入学できないなら「自殺する前に、人を殺して罪悪感を背負って切腹しようと考えるようになり、包丁やナイフ、金属ノコギリを買って用意した」と供述し犯行に及んだ。

犯人はエリート男子高校生で偏差値73の東海高校に通っていた。 17歳少年はいつも落ち着いて、成績も優秀で生徒会選挙に立候補したり、修学旅行の委員をやっていたり積極的に生徒たちをまとめるような学生だったとFLASHが報じています。

17歳少年の両親の職業については不明ですが、息子が医学部志望ということから両親の職業は医者の可能性があります。

17歳少年は夜行バスに乗り東京大学弥生キャンパスに下見をした後その後はどこかで時間を潰していたとされています。

17歳少年の父親が弁護士を通して謝罪文をだし、「被害者様へのお詫びにもお伺いできず、心苦しい限りです。」とコメントしています。

東大刺傷事件:犯人(17歳少年)顔画像と高校は名古屋のどこ?「犯行前に、付近に火を付けた」衝撃の犯行理由!

【佐藤優作】彼女の顔画像と名前を特定!犯行動機は「他に好きな人ができた」東京江戸川区殺人事件

西岡竜司の顔画像を特定!家族と冷凍庫事件の現場【大阪市東住吉区】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。