事件

【管田多津子】年齢と顔画像、経歴アクセサリー作家「JR長崎駅を利用した際対応が不適切だった」

2021年12月9日アクセサリー作家がJR長崎駅を利用した際、「駅員が不在になる」との理由で介護を断られ話題となっております。

その後JR九州に対して国土交通省が再発防止に努めるように指導を行ったことが報道されました。

今回話題になっているアクセサリー作家とは誰なのでしょうか?またどのような状況だったのか、JR九州のたいようについてまとめていきます。

JR九州の対応

アクセサリー作家の名前は管田 多津子です。

今回問題について読売新聞は以下の通り報じています。

女性は同県長与町のアクセサリー作家(41)。日頃から車いすを利用しており、列車の乗降時はホームと車両の間に板を渡す必要がある。

女性によると、昨年9月に長崎駅を訪れ、長与駅まで行くことを伝えて介助を依頼。JR側から、同駅ではその時間帯に駅員が不在になるとの理由で断られた。今年7月には、長与駅で乗るよう予約していたが、倒木で列車が遅れていることを知らされなかった上、後続が予約していた列車ではなかったため板を用意してもらえず、乗れなかったという。

女性は昨年10月、予約しないと鉄道を自由に使えない現状の改善を求めて署名活動を開始。今年10月、同社に2907人分の署名を提出し、国交省に見解を求めた。同省は障害のある利用者への配慮が不十分だったと判断し、11月18日に同社に口頭で指導した。

女性は「多様性が求められる時代に逆行した対応だ。繰り返されないよう、体制を整えてほしい」と話した。同社は読売新聞の取材に対し、「国の指導を 真摯しんし に受け止め、再発防止に努める」としている。

JR九州によると、管内にある568駅のうち、半数以上の304が無人駅。乗客を介助する際は職員を派遣するほか、2015年にはインターホンなどを使って離れた場所にいる職員に連絡が取れるシステムが導入されたが、一部の駅にとどまっている。

アクセサリー作家は2度も利用できないことから、ストレス障害と診断されたようです。

管田 多津子の顔画像と経歴と現状

管田 多津子(40歳さんは生まれつき障害があり日頃から車椅子を利用しており、以前から車いすの利便性向上を訴えており、署名活動も行っています。年齢は40歳です。

現在食育アドバイザーの勉強をしているそうです。

POSTED COMMENT

  1. にゃい より:

    車イスのクレーマー
    管田 多津子
    こんな輩を放置しては
    イケナイ。

にゃい へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。