事件

【死因】柴田大輔が自殺!精神安定剤を飲んでいた理由「衝動的に刃物で切りつけた」関東連合の元リーダー

2021年11月28日、関東連合の元リーダーである、柴田大輔が亡くなったことがわかりました。

柴田大輔は存命中、精神安定剤を飲んでいたのですが、なぜ精神安定剤を飲み死亡までに至ったのかについて迫っていきます。

柴田大輔の死因、精神安定剤の副作用

柴田大輔の死因について、FRIDAYがこちらのように報じています。

「亡くなった当日、柴田さんの会社の関係者が、連絡が取れないことを心配して、柴田さんの自宅を訪れたことで発覚しました。柴田さんは精神安定剤を服用していて、衝動的に自分で自分の身体を刃物で切りつけたのでは、と聞いています。葬儀は親族の意向で都内で行われる予定だそうです」(柴田氏の知人)

上記の通り、柴田大輔の死因は精神安定剤の副作用によってパニックを起こし、自分自身で身体を刃物で切りつけたと思われます。

このような行動から柴田大輔は境界性パーソナリティ障害であったと思われます。

境界性パーソナリティー障害とは

境界性パーソナリティー障害の症状が下記の通りになります。

「見捨てられるのが不安で、必死にしがみつき相手を困らせる」

「自殺企図や自傷行為を繰り返す」

「めまぐるしく気分が変動する」

「対人関係が両極端で不安定」

NHK福祉情報

境界性パーソナリティー障害は対人関係、行動、感情の不安定さから、引き起こされる障害でうつ病の一種です。

このように境界性パーソナリティー障害の症状である、感情が不安定になったときに柴田大輔は衝動的にナイフで切りつけて自殺をしてしまったと思われます。

また亡くなる前に本人がTwitterで体調不良見られるツイートも見受けられました。

実は1999年に下関駅通りで起きた通り魔事件の犯人は、犯行前に「回避性パーソナリティ障害」の診断と受けていました。犯人は自分に自信が持てず仕事もうまくいかず、その結果犯行に及んだそうです。

柴田大輔の経歴、顔画像

名前 :柴田大輔

別名 :工藤 明男

年齢 :42歳

生年月日 :1979年5月24日

出身地 :東京都調布市

身長 :150cm

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。