事件

吉田一男容疑者・犬殺害(高知県南国市)「快楽的な動物虐待か」動物愛護法違反

吉田一男容疑者、犬殺害、高知県事件

香川県丸亀氏の吉田一男容疑者(よしだ・かずお)は高知県南国市の飼い犬を殺害し、動物愛護法違反の疑いで逮捕されました。吉田かずお容疑者の自宅住所や犯行動機、動物殺害の動機、事件詳細についてまとめていきます。この記事は追記・更新されます。

吉田一男容疑者・犬殺害「快楽的動物虐待か」

高知県南国市の飼い犬を殺した容疑で逮捕された吉田一男容疑者のプロフィールをまとめていきます。

 

名前:吉田一男(よしだ・かずお)
年齢:67歳(2020年11月11日現在)
住所:香川県丸亀市
職業:自営業

 

吉田一男容疑者が住む「香川県丸亀市」から事件現場である「高知県南国市」の距離感は以下になります。

車を走らせて、移動距離約100キロで所要時間1時間25分になります。 2人に面識がなかったのにも関わらずなぜ、高知県南国市で犯行に及んだのか不可解な点があります。吉田一男容疑者自身が飼い主に恨みを持っていたわけでもないですし、自宅は離れているため近隣のトラブルなどもありません。吉田一男容疑者は犬に対して、恨みでも持っていたのでしょうか。わざわざ他県まで出向き何かしらの恨みを解消するために「犬」を殺しに行ったのかもしれません。

 

犬の殺害方法に関しては、ワイヤーで犬の首を絞め吊るしたと報じられています。事件発覚時には既に1匹を絞殺しており、2匹目を殺めるところだったので、飼い主の愛犬3匹とも殺す予定だったのでしょう。

 

また吉田一男容疑者は快楽的な動物虐待を幾度となく行ってきたのかもしれません。犯罪心理学的には動物虐待などから始まり、殺人事件に発展するケースも多々あるので、快楽がエスカレートして人間を殺す事件に繋がっていたかもしれません。

吉田一男容疑者の自宅住所

犬を殺害した上、「犬と遊んでいただけ」とサイコパス的な供述をしている吉田一男容疑者の自宅住所の調査を行っていきます。

 

ネットで吉田一男容疑者の住所を調べていると電話帳検索サイトで同姓同名の人物が出てきました。以下画像

吉田一男容疑者、犬、高知県

報じられている「香川県丸亀市」と「吉田一男」で2点一致しているので、上記の住所が濃厚ですが、確定はしていません。現在最終確認中なので、確定次第追記・更新していきます。

吉田一男容疑者・動物殺害事件概要「動物愛護法違反」

香川県丸亀氏の吉田一男容疑者は他人が飼育している犬小屋に侵入し、犬一匹を殺し、動物愛護法違反の容疑で逮捕されました。事件の概要をまとめていきます。

 

  • 高知県南国市で70代男性は柴犬を3匹飼育していた
  • 11月10日13時30分頃、飼い主が餌を上げる為、犬小屋に入ったところ、吉田一男容疑者が犬を殺していた
  • 1匹は地面に横たわり既に死んでおり、もう1匹は飼い主が殺すのを阻止したため命を取り留めた
  • 吉田一男容疑者と高知県南国市の飼い主に面識は一切ない
  • 警察の取り調べに対して、吉田一男容疑者は「犬と遊んでいただけ」と供述している

 

どうしよう、どうしても許せない。なんの罪もないかわいいワンコが。。

殺したのに遊んでいただけという言い訳がおかしい。
犬が可哀想だし殺害方法も残酷でいつか人に殺意が向いたら恐ろしい。
ワンちゃんはぜんぜん悪くない。
かわいそうに。

 

吉田一男容疑者の新たな情報が入り次第、追記・更新していきます。(続く…)

コメント

  1. 意見申す。 より:

    犬殺の吉田一男の妹は看護師。飼い主さんに謝りに行くべきだ。