事件

上野宝博・経歴「離任式で手は人助けに使え・柔道で人助け」元宝塚中学

上野宝博容疑者、顔画像、写真、事件

上野宝博容疑者(たかひろ)は宝塚市立長尾中学校の柔道部員に重軽傷を負わせ逮捕されました。元宝塚中学校で勤めており、当時の離任式で生徒に贈った言葉を独占入手した内容、経歴、家族構成についてまとめていきます。当時の写真・顔画像有。この記事は随時、更新・追記されます。

上野宝博容疑者「両手は人助けの為に使えとメッセージ」

宝塚市立長尾中学校の柔道部顧問で数学教師の上野宝博容疑者は、2016年以前は宝塚市立宝塚中学校が勤務先でした。宝塚中学校には7年間勤めています。当時の離任式での写真や挨拶の内容を関係者より独占入手したのでまとめていきます。

 

以下、写真が2016年4月13日に行われた宝塚中学校の離任式での上野宝博容疑者になります。やや画質が悪いですが、ご容赦下さい。

上野宝博容疑者、顔画像、写真、

宝塚市立宝塚中学校の離任式での上野宝博容疑者

上野宝博容疑者が離任式で生徒に向けて喋った内容も独占入手したので、まとめていきたいと思います。上野宝博容疑者の口からは信じられない内容が語られています。

 

「二つの手は、人を助ける為と、自分の為に使おう」

 

上野宝博容疑者の格言なのか、常日頃から意識していた言葉なのか分かりませんが、大ブーメランです。因みにこの言葉は、上野宝博容疑者の言葉ではなくオードリー・ヘップバーンの名言を引用しています。言葉自体は「良い言葉」ですが、上野宝博容疑者が生徒に向かって教える言葉ではありません。

 

長尾中学校の柔道部員がOB生がお土産で持ってきたアイスを食べたからと言って、怒り狂い自らの両手で骨折を負わす人間が口にする言葉ではありません。男子生徒は「先生、アイスを食べてすいません」と何度も誤ったが、「許すもんか」の一点張りで意識が失った後もなお、柔道の技をかけて重傷を負わせています。まさに、保護者や柔道部員の生徒からしたら、上野宝博容疑者に対して「二つの手のうち、一つは人助けの為の手。もう一つの手は自分の為に使う手。」と教えてあげたい気持ちでしょう。まさに特大ブーメランです。

上野宝博教諭(宝塚長尾中学)顔画像「関係者からの取材内容有」柔道部員暴力

上野宝博容疑者「柔道を続けていたから人助けに繋がったと経験談を語る」

上記で述べた以外にも上野宝博容疑者は離任式で生徒に対して衝撃発言をしていたので、まとめていきます。以下内容も関係者より取材しています。

 

以下画像が離任式が終わり、花束を手にし降壇する上野宝博容疑者になります。画質が悪いですがご容赦下さい。

上野宝博容疑者、顔画像、写真、

宝塚市立宝塚中学校の離任式での上野宝博容疑者

 

「何か一つの事を打ち込むとやがて、人助けになることがある。私は柔道を続けていて人助けできたことがある。」

 

上野宝博容疑者は離任式で上記の言葉も生徒に贈っていたとの事ですが深堀すると「柔道を長い間続けていたから、精神と肉体が鍛えられたそうで、街中で喧嘩の仲裁に入り、場をおさめたことが何回ある」と語っていたそうです。ご最もな内容でいい事ではありますが、今回の事件では人助けどころか、他人の人生を台無しにしかねない行為ですよね。背骨を骨折した男子生徒は最悪の場合、半身不随となり、柔道が一生できない・私生活面でも支障が出る可能性がある大怪我です。

 

柔道を駆使しした虐待・暴力事件が発覚し、生徒に贈った言葉が全て水の泡になってしまいましたね。表面では教師という顔で綺麗ごとばかり並べていますが、実際は上野宝博容疑者が口に吐いた言葉と全て真逆の行動をとっていることが明るみになりました。

上野宝博教諭(宝塚長尾中学)顔画像「関係者からの取材内容有」柔道部員暴力

上野宝博容疑者の経歴

上野宝博容疑者、顔画像、写真、

上野宝博容疑者は関係者の証言より、過去に宝塚市立宝塚中学校に勤めていたことが分かりました。経歴をまとめていきます。

 

経歴①:宝塚私立宝塚中学校(2009年~2016年4月13日)
経歴②:宝塚市立長尾中学校(2016年~)

 

上野宝博容疑者が2016年まで勤めた宝塚市立宝塚中学校のマップやストリートビューは以下になります。

 

宝塚市立中学校にも柔道部があり、上野宝博容疑者は柔道部の顧問を務めていたとの事です。

上野宝博容疑者の家族構成

宝塚市立長尾中学校の柔道部員に暴力事件を起こした上野宝博容疑者の家族構成について調査していきます。現段階で分かっているのは、家庭を持っている事と妻がいる事です。上野宝博容疑者が住む「兵庫県西宮市柏堂西町」は一軒家が立ち並ぶ住宅街です。住んでいる地域と一軒家に住んでいる事から子供がいる可能性も比較的高いと言えます。

 

ニュースの内容や関係者から見た上野博容疑者は起こったら手を付けられないぐらいに怒り狂うと手を付けられない程と報じられています。家族間でも喧嘩になった時はすぐに手を出して柔道の技で暴力を振るっていたのかと疑ってしまう程の暴行事件です。

 

上野宝博容疑者が逮捕され、妻の悲しむ姿が想像できます。今後、懲戒免職になる可能性が高いので将来が不安でしょうし、旦那が不祥事を起こしたことで妻にも大なり小なり被害が及ぶはずです。もし共働きとしたら妻の職場では冷たい視線を感じ、近隣住民の間でも肩身の狭い生活を虐げられることになるでしょう。今回の事件で上野宝博容疑者は何人もの人間の心に傷をつけたという事は明らかです。

 

関係者より上野宝博容疑者の情報を詮索中なので、新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)

上野宝博教諭(宝塚長尾中学)顔画像「関係者からの取材内容有」柔道部員暴力
上野宝博容疑者(うえの・たかひろ)は宝塚市立長尾中学校で教諭を勤め、男子柔道部の顧問を担っています。男子生徒に対して体罰として柔道の技を振るい重軽症を負わせました。上野たかひろ教員のフェイスブック・ツイッタ・インスタグラムから顔画像の特定や、知人・関係者からみた人物像、暴力事件(傷害)の詳細を関係者の証言に基づきまとめていきます。随時、更新・記述されます。

上野宝博教諭(宝塚長尾中学)顔画像「関係者からの取材内容有」柔道部員暴力

コメント

  1. 匿名 より:

    というか妻も暴力を振るわれてそう

  2. 匿名 より:

    「二つの手は、人(自分)を助ける為と、自分(自分)の為に使おう」
    有言実行ですばらしいなあ。