事件

佐藤孝次の事故現場画像!高校生人身「一般道で時速120キロ越えの常習犯」岡山市

佐藤孝次容疑者、人身事故、近藤由輝さん、近藤由輝さん、岡山市事件

佐藤孝次容疑者(たかつぐ)容疑者は岡山市北区青江で高校生2人(近藤由輝さんと清水彌琴さん)を轢き殺した過失運転致傷の容疑で逮捕されました。佐藤こうじが犯した人身事故現場や顔画像・プロフィール・事件詳細などを関係者の証言を交えまとめていきます。随時、更新・追記されます。

清水彌琴さんインスタ特定!写真「芸能人並みの超カワイイ高校生だった」岡山市

近藤由輝Twitter特定!高校生人身「プロキックボクサーを目指す青年だった」岡山市

佐藤孝次容疑者の犯した人身事故現場

佐藤孝次容疑者、人身事故、近藤由輝さん、近藤由輝さん、岡山市

佐藤孝次容疑者が高校生2人(近藤由輝さん・清水彌琴さん)を轢き殺した事故現場の詳細をまとめていきます。事件は岡山市北区青江の国道2号線の側道で起きました。法定速度40キロのところを80キロで走行していたと報じられています。

佐藤孝次容疑者、人身事故、近藤由輝さん、近藤由輝さん、岡山市

佐藤孝次容疑者が人身事故を起こしたのは、5日の午前1時となります。ストリートビューを見る限り片側2車線で時間帯から考えても交通量が少なかったことが予想できるので、仕事中だったのか帰宅途中だったのかわかりませんが、スピードを出していたのでしょう。岡山県と言えば、車社会で市街地基本的に舗装された道が多く、時間帯により渋滞もありますが、基本的に快適に運転できるイメージがあります。佐藤孝次容疑者は常日頃から法定速度を無視した暴走を繰り返していたに間違いありません。

 

(以下、追記)
佐藤孝次容疑者が法定速度を破り時速80キロ出していたのは、救いようがないですが、報道によると、高校生2人(近藤由輝さん・清水弥琴さん)は横断歩道の歩行の際に信号を無視して渡っていたとの事です。真夜中で視界が暗い・法定速度を破る・信号無視。全てが重なって起きたような交通事故であることが発覚しました。

清水彌琴さんインスタ特定!写真「芸能人並みの超カワイイ高校生だった」岡山市

近藤由輝Twitter特定!高校生人身「プロキックボクサーを目指す青年だった」岡山市

佐藤孝次容疑者の関係者から独占取材に成功(追記)

佐藤孝次容疑者、人身事故、近藤由輝さん、近藤由輝さん、岡山市

佐藤孝次容疑者の知人や関係者から当サイトの取材班が独占取材に成功したのでまとめていきます。どんな人物像だったのか。

 

佐藤孝次容疑者の知人Aさん:「(佐藤孝次)あいつとは前の職場が一緒でしたが、すぐにいらいらする性格でしたよ。助手席に乗せてもらった時には、ひどかったです。運転するとさらにカッとしやすくなって、車中で歩行者に文句を言ったり、どんくさい車がいると煽るような行為も行っていました。運転中にイライラするとアクセルを物凄い勢いで踏んだり、急発進したりしていました。」
佐藤孝次容疑者の関係者Bさん:「最近は仕事が忙しく、残業で帰りが遅くなることが多いと言っていました。事件があった時間帯は丁度、帰宅する時間だったんじゃないですかね。なんせ、岡山市は車飛ばす人多いですよ。」
岡山県の関係者Cさん:「岡山市は速度違反する車両が比較的多いですよ。なんにせよ岡山県は車社会なので、皆若くして車を乗りだしますし、ヤンキーが多いイメージもあります。昔からヤンキー気質で車好きな人は大人になっても警察の目のつかない所ではスピード出しまくってます。法定速度40キロオーバーとか日常茶飯事ですよ。」

 

知人・関係者の証言より佐藤孝次容疑者の人物像が少しづつ見えてきました。やはりカッとなりやすい性格で、車に乗ると違う人格が出てくるような、絶対に運転をさせたらだめなタイプという事が発覚しました。

清水彌琴さんインスタ特定!写真「芸能人並みの超カワイイ高校生だった」岡山市

近藤由輝Twitter特定!高校生人身「プロキックボクサーを目指す青年だった」岡山市

佐藤孝次容疑者のプロフィール

高校生2人を轢き殺した容疑で逮捕された佐藤孝次容疑者のプロフィールをまとめていきます。

 

名前:佐藤孝次(さとう・こうじ)
年齢:46歳(2020年10月5日現在)
居住地:岡山市南区大福
職業:会社員
容疑:過失運転致傷

 

佐藤孝次容疑者が住む「岡山市南区大福」のマップやストリートビューを掲載していきます

上記のストリートビューは佐藤孝次容疑者が住む街並みの様子です。

 

今後の将来にワクワクしていた2人の高校生を轢き殺した佐藤孝次容疑者に今後明るい未来は無いでしょう。ただ不可解なのは被害者となった岡山市南区浜野・近藤由輝さん(17)と岡山市豊成・清水彌琴さん(16)がなぜ午前1時(深夜)に2人で歩いていたのでしょうか。未成年で夜22時以降に出歩いていると歩道の対象になります。

 

関係者の証言より2人は付き合っていたとの事です。2人が仲良く歩いていた光景が浮かんできます。高校生の甘酸っぱい恋も青春の1ページも経った一瞬の出来事で全て消え去ってしまいました。さらに被害者高校生の近藤由輝さん(17)はキックボクシングに打ち込んでいて、将来を期待される注目株選手だったとの情報が入ってきています。近藤由輝さんについては別のページで紹介していきます。出稿が出来次第、以下にリンクを張っておきます。

清水彌琴さんインスタ特定!写真「芸能人並みの超カワイイ高校生だった」岡山市

近藤由輝Twitter特定!高校生人身「プロキックボクサーを目指す青年だった」岡山市

佐藤孝次容疑者が高校生2人を轢き殺した事件概要

佐藤孝次容疑者、人身事故、近藤由輝さん、近藤由輝さん、岡山市

岡山市北区青江で佐藤孝次容疑者は高校生2人を轢き殺し過失運転致傷の疑いで逮捕されました。青春時代を楽しむ2人の人生を奪った残忍な事件の概要をまとめていきます。

5日未明、岡山市の国道で高校生2人が乗用車にはねられ死亡しました。警察が車を運転していた46歳の男を過失運転致死の疑いで現行犯逮捕しました。

5日午前1時半ごろ、岡山市北区青江の国道2号の側道で、横断歩道の近くを歩いていた岡山市南区の男子高校生(17)と女子高校生(16)が乗用車にはねられました。

2人は病院に搬送されましたが、約50分後に死亡しました。

警察は車を運転していた岡山市南区大福の会社員、佐藤孝次容疑者(46)を過失運転致死の疑いで現行犯逮捕しました。

現場の状況などから佐藤容疑者は、法定速度40キロの側道を80キロ以上で走行していたとみられます。

警察の調べに対して佐藤容疑者は「はねて死亡させたことに間違いありません」と容疑を認めています。

出典:ヤフーニュース

  • 10月5日午前1時頃、佐藤孝次容疑者は高校生2人を轢き殺した疑いで逮捕された
  • 法定速度40キロの側道を時速80キロで走り、違反速度+人身事故の残忍な事件
  • 被害者となったのは岡山市南区浜野・近藤由輝さん(17)と岡山市豊成・清水彌琴さん(16)
  • 高校生2人の死因は全身を殴打する重体で事故からおよそ50分後に死亡を確認

最近見慣れぬ異様なスピードで駆け抜けてく車を多く見かけるようになった
マジ危ないよ
未成年が深夜に徘徊…
そんな時間に出歩いてなければ…って思ってしまう
たまにアホみたいに飛ばしてる車っているよね。危なくて仕方ないから全員免許停止にしてほしい。
夜中1時半に?高校生が?。。。。
佐藤孝次容疑者の新たな情報が入り次第、追記・更新していきます。(続く…)

コメント

  1. 匿名 より:

    高校生カップル信号無視で横断してたみたい

  2. 匿名 より:

    カップルでは無いですよ

  3. 匿名 より:

    誤字の多い記事ですね