事件

林田拓海「熊本大学の友人・知人から独占取材に成功」ディープフェイク

林田拓海、ディープフェイク、熊本大学、顔画像事件

熊本大学に通う林田拓海容疑者は(はやしだたくみ)は既存のアダルト作品を「ディープフェイク」というAI技術を駆使し不正に合成した容疑で逮捕。当サイトの取材班が林田たくみ容疑者が在学する熊本大学の友人・知人から取材に成功。またフェイクポルノ事件概要や出身地・高校・自宅住所などをまとめていきます。この記事は随時、更新・追記されます。

林田拓海容疑者「熊本大学の友人・知人から見た人物像とは」

林田拓海、ディープフェイク、熊本大学、顔画像

林田拓海容疑者は「ディープフェイク」というAIツールで既存のアダルトコンテンツに芸能人の顔を合成した容疑で逮捕されました。林田拓海容疑者はどんな人物だったのか?当サイトの取材班が林田容疑者の通っていた大学関係者からの取材に成功したのでまとめていきます。

 

熊本大学の知人Aさん:「大学内で会話したことがあるけど、話が噛み合わなかった記憶があります。とにかく天才肌というか、思考回路が普通の人と違うんです。ものすごい論理思考ですが人との会話は苦手でコミュニケーション障害みたいな印象でした」
熊本大学生Bさん:「大体見かける度に一人で孤立していました。見ての通り独特な髪型で根暗な雰囲気を醸し出していました。1回生の頃、授業が同じで席が近かったのですが、喋りかけずらい印象がありました。」
熊本大学生Cさん:「僕は食堂で度々見かけましたが、いつもパソコンを持ち歩き食堂でいじっていました。しかもイヤホンも付けていて閉鎖的なイメージがありました。」
熊本大学生Dさん:「サークルの歓迎会で見かけたことがありますが、その時は楽しそうに人と喋っていたような気がしますが、サークルには入りませんでした。入学当初は人と会話もしていたのに、気づけば孤立状態で暗いイメージでした。」
熊本大学の友人Eさん:「林田君とは、連絡先も交換していますし、連絡を取り合う事が多いです。僕もIT系が好きなので話が噛み合いました。基本的にはゲームの話とか、パソコン関係の話で、IT系の深い話をよくしていました。AIツールのアダルトコンテンツを不正加工してお金を稼げてると聞いており、ある時から羽振りが良くなりご飯に行ってもおごってくれたりしました。ただ、僕はブラックな事だと思うからやめた方が良いと指摘しましたが、聞く耳を持ちませんでした。」

 

熊本大学に通う林田拓海容疑者の人物像をまとめると、人との会話をあまりせず閉鎖的で暗いイメージを持たれていたようです。また、コミュニケーションにおいても変わった回答が返ってくるなど、変わった性格をしていたようです。お金目的で犯罪行為に手を染めるぐらいなので、やはり性格は常人の考えではなく、非常識だったことが分かりました。

 

一方で林田拓海容疑者には仲の良い友人存在し、食事に行ったり趣味の話で盛り上がっていたみたいです。友人から犯罪だと指摘を受けていたにも関わらず、無視した結果が逮捕されました。指摘をした友人からすると、もっと強く助言しておけばよかったと後悔が残るのではないでしょうか。

 

人工知能のAIツールを駆使して、アダルトコンテンツを偽造できるぐらいの力量なので、大学ライフでの友達もパソコンだったのでしょうか。パソコンとにらめっこして、パソコン画面を見て笑い、会話もなしの生活だと、コミュニケーション障害になってもおかしくないでしょうね。

竹内結子は他殺?三浦春馬の死因と酷似「CIA工作員による暗殺か」

竹内結子Wikipedia編集の謎「前日の9月26日に死亡と更新」

林田拓海(たくみ)容疑者の出身高校・プロフィール

林田拓海、はやしだたくみ、熊本大学、

林田拓海容疑者はアダルトコンテンツを不正に合成し、ネット上で販売や広告収益を得ていたとして名誉棄損・著作権法違反の容疑で逮捕されました。林田拓海容疑者のプロフィールについてまとめていきたいと思います。

 

名前:林田拓海(はやしだ・たくみ)
年齢:21歳
住所:〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪5丁目
出身地:詳細不明
出身高校:詳細不明
学歴:熊本大学2回生
林田拓海容疑者の出身高校について、調査していますがまだ特定には至っていません。後程紹介しますが、林田拓海容疑者は熊本大学から自宅が相当近い距離にあります。考えられるとすれば、熊本大学入学をきっかけに熊本に引っ越してきたのかもしれません。
またSNS(Facebook、twitter、インスタグラム)も特定できいません。林田拓海容疑者は「自分が犯罪を犯してる」「ブラックな事をしている」と確信がありながらもお金稼ぎを指定かもしれません。徹底的に個人情報を隠しています。
林田拓海容疑者の自宅住所の「熊本県熊本市中央区黒髪5丁目」は以下になります。番地までは特定できておりません。

林田拓海容疑者の自宅から在学中の熊本大学までは徒歩で行ける距離に位置してます。

林田拓海容疑者は熊本大学から自宅まで通学に時間が掛からないので、空いた時間で犯罪行為に時間を割いていたのでしょう。林田拓海容疑者が犯罪行為を行っていたのは、2019年12月~2020年7月の間になりますが、未知のウィルスでオンライン授業にもなり、お金稼ぎに専念出来てウハウハだったのではないでしょうか。

竹内結子が不倫・売春の真意!トモロー「333万円で枕営業していたと裏情報を流す」

竹内結子他殺!赤十字病院へ搬送された理由「CIAイルミナティ傘下組織が死因隠蔽」

林田拓海容疑者のフェイクポルノ(ディープフェイク技術)事件の概要

林田拓海、ディープフェイク、熊本大学、顔画像

同庁によると、逮捕されたのは熊本市中央区の大学2年生林田拓海(21)と、兵庫県三田市のシステムエンジニア大槻隆信(47)の両容疑者。ネット上で「ディープフェイク職人」と呼ばれ、人工知能(AI)を使って精巧な偽動画を作製していた。林田容疑者は「金をもうけたかった」、大槻容疑者は「ネット上で評価を得るために作製した」などと供述しているという。

警視庁保安課によると、林田容疑者は2019年12月~今年7月、AV出演者の顔を2人の女性芸能人とすり替えた動画を自身が運営する有料サイトに掲載し、不特定多数の人に2人が出演しているように印象づけて名誉を傷つけたほか、制作会社の著作権を侵害した疑いがある。大槻容疑者は今年4~7月、同様の動画を海外のサイトに載せ、別の2人の女性芸能人の名誉を毀損するなどした疑いがある。

被害者がAVに出演しているかのように見せかけたことから、警視庁などは名誉毀損に当たると判断した。

ネット上では、同庁が確認しただけで、女性芸能人約200人分、3500本以上のディープフェイクが公開されているという。

  • 林田拓海容疑者は2019年12月~2020年7月にかけて、アダルトコンテンツの出演者の顔を不正に編集した動画をネット上にバラまきお金を稼いでいた
  • 共犯者は他にも多数存在していて、複数人による犯行
  • 林田拓海容疑者は名誉棄損罪・著作権法違法の罪で逮捕された
  • 林田拓海容疑者はディープフェイクというAI技術を駆使したツールで芸能人の顔を既存のセクシー女優の顔とすり替え、運営するサイトに投稿する
  • 目的については「お金稼ぎの為にやった」と供述
  • 林田拓海容疑者は女性芸能人の顔約40人、動画コンテンツ数250本を作成していた

家族親族は恥ずかし過ぎて外歩けないな。
姉妹が居たら結婚出来ないとかもある。
絶対に悪用される技術だな
もちろんいい事にも使われるんだろうけど
今までも「コラ」として問題になってたやつだね。
ただ今まではある程度の技術が必要だったんだけど、AIを使うことで誰にでも出来るようになったってことかな?しかし、静止画ならともかく、動画かぁ
性的目的だとこの程度で済むけど、防犯カメラの映像と顔写真から犯罪の証拠とかを捏造されるようになったりすると怖いね
昔のビニ本にも同じようなのがあった
顔だけアイドルに変えたやつだ
見たい奴がいるから作って売る奴がいるんじゃないか
林田拓海容疑者の「フェイクポルノ事件」の新たな情報が入り次第、随時更新・追記していきます。(続く…)

コメント