事件

金澤組長が宮田村で発砲事件「絆会・宮下組長が拳銃で狙撃される」暴力団抗争

事件

長野県宮田村のラーメン店「えんぎ屋」の駐車場で拳銃で発砲事件が発生しました。犯人は双方暴力団組員(やくざ)で加害者は絆会若頭織田連合の金澤会長、被害者は絆会四代目竹内組の宮下組長という情報があがってきました。関係者の情報を元にまとめていきます。本記事は随時、更新・追記されます。

暴力団組織の絆会が内乱の原因は?

長野県上伊那郡宮田村大田切区のラーメン屋「えんぎ屋」の駐車場で拳銃による発砲事件が発生しました。被害者は腹部を撃たれ重傷ですが命に別状はない。加害者男性は拳銃を持ったまま逃走中なので、近隣住民は不安を募らせている模様です。この事件の加害者と被害者男性は暴力団組員であることが関係者により語られました。事件の原因について記述していきます。

 

  • 2020年7月に絆会・織田伴誠組長が絆会を解散する
  • 織田伴誠組長は解散ご自身で焼肉店を経営する予定だった
その後、長野県松本市を主軸に活動している絆会傘下組織の竹内組・宮下組長は絆会の解散後司忍組長に山口組入りを懇願していました。そして長野市を拠点とする弘道会傘下組織の野内組と竹内組は何度も抗争になっており、敵対組織として一色触発の状態が続いたので、司忍組長は諏訪市・国粋会に傘下入りするように竹内組に命じます。国粋会の傘下入りの件で、竹内組・金澤組長が断ったため話が流れます。

 

  • 潜行して竹内組・宮下組長は弘道会・野内組の傘下入りを求め、傘下組織となる予定が決まる
その後、神戸山口から岡山・池田組と山建組が離脱します。池田組長は絆会・織田組長に池田組を助けて欲しいと懇願し、絆会は解散を取り消し、金澤組長に竹内組を岡山に移すように指示。

 

  • 金澤組長は宮下組長に岡山を拠点に活動する旨を伝える
  • 宮下組長は潜行して野内組入りの予定が決まっていたので断る

逆上した金澤組長は宮下組長が野内組入りする前に拳銃で発砲し、殺害未遂を犯す。事に発端は織田組長が絆会を解散すると言ったのに、取り消したことで話がこじれてしまったようです。

長野県・宮田村の発砲事件現場特定!ラーメン店えんぎ屋の駐車場

宮田村発砲事件の暴力団組員

長野県・宮田村で起こった発砲事件は暴力団組織の絆会の内紛という事が分かりました。事件に関わった暴力団組員の詳細をまとめていきます。

加害者男性の情報
組織:絆会若頭織田連合
階級:会長
名前:金澤成樹
被害者男性の情報
組織:絆会四代目竹内組
階級:組長
名前:宮下聡
犯人が特定されるまでの間、長野県・宮田村の住民や駒ケ根市の住民は、拳銃を持った男が逃走し、人物像も分かっていないので恐れおののいていました。金澤組長の逮捕には至っていませんが、訳の分からない「殺害は誰でもよっかた」みたいな、サイコパス系の犯人ではないので、ひとまずは安心なのではないでしょうか。暴力団の組長を担っているぐらいなので、ダサい事はしないと思いますし、今回の犯行動機は「任侠・筋」違いな事をされたから暴力団組織間で抗争に発展しているだけです。

コメント

  1. 匿名 より:

    撃たれたのは宮下聡であっている
    組の事情もあっているだろう
    他は眉唾の連続だと思うよ