事件

井本優也容疑者のFacebookは?佐賀県多久市強制性交「悪徳廃品回収作業員か」

事件

佐賀県多久市の廃品回収作業員の井本優也容疑者は13歳未満の少女に強制性交したとして逮捕されました。井本ゆうや容疑者のフェイスブック・twitter(ツイッター)、顔画像、わいせつ事件の概要をまとめていきます。

荻野俊一容疑者の塾は英進進学教室太田宝泉校!「盗撮動画がネット大量流出」

井本優也容疑者のFacebookは?プロフィール

井本優也容疑者の顔画像やSNS(フェイスブック・ツイッター)も調査するとともに、プロフィールをまとめていきます。13歳未満の少女に強制的に性交を行ったいもと・ゆうや容疑者はどんな人物像なのか早速見ていきましょう。

 

井本優也容疑者のFacebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)を調査してみました。

調査の結果、同姓同名のアカウントは存在しましたが、井本優也容疑者と特定できるような証拠はありませんでした。

 

名前:井本優也(いもと・ゆうや)
年齢:24歳(2020年9月26日現在)
職業:廃品回収作業員
住所:佐賀県多久市多久町小侍(たくし・たくまちこさむらい)
容疑:強制性交
井本優也容疑者の顔画像の特定には至っていませんが、情報が入り次第追記します。

 

井本優也容疑者の住所は佐賀県多久市多久町小侍までしか分かっていませんがマップを掲載します。

 

佐賀県多久市は国指定重要文化財の建造物である「多久聖廟(たくせいびょう)」が在る場所で観光地としても有名です。

井本優也容疑者は悪徳廃品回収作業員「ゴミと友達」

井本優也容疑者は未成年に強制性交を犯し逮捕されました。職業は廃品回収作業員として働いており、まさにゴミの様な職業でゴミと友達です。廃品回収業者のトラブル事例も全国で相次いでいます。

 

「無料で廃品回収します」とアナウンスを流しながらトラックが街中を巡回しているのをよく見かけますが、不用品回収の依頼をすると、お金を請求されることが事例としてあります。「回収」は無料ですが、「トラックに積み込み」に対してお金が掛かり請求されるという悪徳商法です。また不用品回収後に転売して金になりそうな資材や物以外は、不法投棄する廃品回収業者もいるようです。井本優也容疑者も悪徳廃品回収会社に勤務していたのでしょうか。だから、心が歪んできて根が腐り性犯罪に手を染めたという見方も出来ます。

 

被害者・13歳未満の少女の保護者からしたら、まさに井本優也容疑者が廃品っていう感じでしょう。井本優也容疑者と被害者の接点は出会い系サイトなので、被害者の親からしたら監督が行き届いていなかったことに、自暴自棄になっているかもしれません。これを機に娘に対してスマホやパソコンなど使用制限をかけていくはずです。また被害者少女は13歳未満という事で、思春期の多感な時期で生理も始まります。そんな中での強制性交なのでこの傷は一生癒えないでしょう。

性犯罪軽減にはミーガン法を導入のすべき

井本優也容疑者は未成年に強制性交を行いましたが、余罪や再犯のリスクも大いに考えられます。世間でも認知されている通り、性犯罪者の再犯率はかなり高めになっています。そこでペドやミーガン法などを導入すべきという声もちらほら上がっているのでまとめていきます。

 

ミーガン法とは?
性犯罪で有罪になった者が刑期を終えた後もその情報を登録し、一般に公開する制度を規定している。内容は各州によって差があるが、出所(仮釈放)時や転入・転出に際して、住居周辺の住民への告知が行われる。住居に性犯罪歴があることを示すしるしを掲げるよう求めている州や、累犯者に対してホルモン療法を強制する州もある。犯罪者の社会復帰を妨げているとの批判もあるが、ミーガン法の存在によって再犯が促されるというような事実はない。その一方でミーガン法が性犯罪の抑止や再犯防止に役立っているという事実もない。憎悪から住民が出所者に危害を加えうるのではないかという指摘があり、実際に性犯罪の前科を持つ者が暴行を受けたりしている被害については、世論として自己責任の範囲内であり犯罪抑止力であるととらえられている。

要は、再犯防止の為に性犯罪者に対して刑期後も個人情報を一般公開する制度となります。一部犯罪者の社会復帰の妨げになるという実例もあるそうですが、再犯されない方が優先順位としては上なのではないか。井本優也容疑者のような未成年を狙った強制性交犯罪者にはミーガン法を実施すべきです。

 

井本優也容疑者は事件の取り調べに対して、「犯罪行為は認めているが詳しくは覚えていない」と嘘をつくようなあからさまに信用のない人間性ですので、反省の色が全く見られません。ひねくれた性格で自分の欲望を抑えれない人間なので再犯の可能性は極めて高そうです。

井本優也容疑者の性犯罪事件の概要

井本優也容疑者が13歳未満の少女にワイセツ行為を行った事件が話題になっています。事件の概要をまとめていきたいと思います。

佐賀県警佐賀南署は25日、多久市北多久町小侍、廃品回収作業員井本優也被告(24)(強制性交罪で起訴)を強制性交容疑で再逮捕した。

発表によると、井本被告は6月27日午後5時30分~同7時40分頃、県内の商業施設の駐車場に止めた車の中で、県内の13歳未満の少女に対し、わいせつな行為をした疑い。「行為をしたことはあるが、それが6月のことだったか、詳しいことは覚えていない」と容疑を一部否認しているという。2人は出会い系サイトで知り合ったとみられる。

出典:ヤフーニュース

  • 井本優也容疑者は13歳未満の少女に対して性犯罪を犯す
  • 犯行日時6月27日午後5時30分~7時40分頃の2時間の間
  • 犯罪が行われた場所は商業施設の駐車場で井本優也容疑者の車中
  • 2人が出会ったのは出会い系サイト

子どものSNS利用を規制しろと言うと猛反対する人がいますが、「自分の子供がこの記事の被害少女と同じ目にあったら、それでも規制に反対するのだろうか」と思います。
子供達は物事を深く考えないで行動してしまう、大人が守ってやらないでどうするのだろう。

「行為をしたが詳しくは覚えていない」
そうですか・・覚えていないですか・・それは極めて危険ですね。
またやります!と言っているようなものですよ。

厳罰以外にこれっていう対策がない。学校でホームルームで生徒同士で話し合う時間を取る。小学生ぐらいは行動範囲が狭いので、PTA ,地域自治会、老人会の見回りに協力してもらう方法、しかし中学、高校では行動範囲が広いので自分の身は自分で守るしかない。この場面にあった場合は助けを求める勇気を持つ。スマホ禁止も難しいが、政府、国一体が知恵を出し合ってこのような性犯罪を阻止について国会で議論して欲しい。この手の性犯罪が学校教師も多発しているのでどう抑制するか?、神隠しに合う事件もあり対策が困難であるが死角となるような場所に防犯カメラを多数設置位しか無いのでしょうか?徹底したSNSでは見知らぬ人とは合わない。家庭で自覚教育にも力を入れて欲しい。性犯罪に対する厳罰な法律を望む

井本優也容疑者のSNSアカウントや顔画像など特定次第、追記していきます。(続く…)

大内薫容疑者(教員)は美浦特別支援学校か?消防隊員に暴行容疑で逮捕

春日井二郎(仮名)さんが特定された!記憶喪失「9月24日身元が判明」

コメント