事件

山本雄太容疑者の顔画像調査!「ヌンチャクマニア・アル中で親から仕送り生活のキチガイ」

山本雄太容疑者、ヌンチャク殺害事件

山本雄太(やまもとゆうた)容疑者は知人の女性である鎌田ひとみさん(当時37歳)の顔を鉄製のヌンチャクで殴打し、殺人容疑の疑いで逮捕されました。山本雄太容疑者はアルコール依存症だったと言う。

 

山本ゆうた容疑者の顔写真や、SNSを調査。また2人は同棲したが双方無職でどうやって住んでいたのか考察。

山本雄太容疑者を逮捕!ヌンチャク殺害事件の概要!

山本雄太容疑者が鉄製のヌンチャクを使って知人女性の鎌田ひとみさんを殺害した容疑で逮捕され、話題になっています。まずは事件の概要をみていきましょう。

元交際相手の女性を鉄製のヌンチャクで殴り殺害したとして、警視庁成城署は殺人容疑で、東京都世田谷区船橋、無職、山本雄太容疑者(38)を逮捕した。調べに対し、「殺していない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は平成30年11月6日午後4時ごろ、当時住んでいた同区砧のアパートの一室で、無職の鎌田ひとみさん=当時(37)=の顔を鉄製のヌンチャクで殴って殺害したとしている。司法解剖の結果、鎌田さんは殴られた際の出血に伴う窒息死とみられる。

成城署によると、山本容疑者は犯行の約4時間後に「(鎌田さんが)酒を飲んで自分の部屋を荒らした」と110番通報。署員が駆けつけたところ、鎌田さんは額から血を流してカーペットの上に倒れており、その場で死亡が確認された。

額には2センチほどの傷があり、近くに落ちていたヌンチャクの形状と一致。ヌンチャクから山本容疑者以外の指紋が検出されなかったことなどから、犯行を特定した。

出典:産経ニュース

  • 山本雄太容疑者が殺害した鎌田ひとみさんは元交際相手だった
  • 山本雄太容疑者と鎌田ひとみさんはアパートで同棲をしていた
  • 2018年11月6日午後4時頃に、鎌田ひとみさんの顔面を金属製のヌンチャクで殴打し殺害
  • ヌンチャクには山本雄太容疑者の指紋が検出された
  • 鎌田ひとみさんの事件当時、顔に2センチの傷があり、死因は出血多量による窒息死が濃厚
  • 山本雄太容疑者は鎌田ひとみさんを殺めていないと否認している

山本雄太容疑者の顔画像は?

名前:山本雄太(やまもとゆうた)
年齢:38歳、2020年8月28日現在
生年月日:1981年~1982年生まれ
住所:東京都世田谷区砧2丁目18番地の5(事件当時、現住所不明)
職業:無職
顔画像:情報なし
SNSアカウント:情報なし

ヌンチャクを使って元交際相手の鎌田ひとみさんを殺害した容疑で逮捕された、山本雄太容疑者の顔画像は現在特定できていません。情報が入り次第追記していきます。

山本雄太容疑者はアルコール依存症のキチガイ!

山本雄太容疑者、ヌンチャク殺害

警視庁によると、山本雄太容疑者は重度のアルコール依存症で過去に通院歴もあるとの情報があがってきました。アルコール依存症の為、刑事責任力があるのかについて取り調べ中とのことです。

過去にはアルコール依存症で殺害容疑で逮捕された事例もあります。

夫を絞殺したとして殺人罪に問われた宝塚市の無職小林桂子被告(43)の裁判員裁判の判決が14日、神戸地裁であった。奥田哲也裁判長は「アルコール依存症で、自由に酒を飲めない不満などで殺害した。場当たり的で自分勝手だ」と述べ、懲役13年(求刑懲役15年)を言い渡した。

出典:朝日新聞

アルコール依存症で精神的な乱れがあり、夫を殺害した容疑で逮捕されたという事件がありました。山本雄太容疑者もアルコール依存症で通院歴があるとのことですが、刑が重たくなるのは免れることはできないでしょうね。

山本雄太容疑者が同棲相手を殺害した事件現場は?

山本雄太容疑者が鎌田ひとみさんを殺害した現場であり、自宅だった住所を特定しました。

東京都世田谷区砧2丁目18番地の5に所在する「砧アンビション」という物件です。以下、事故物件サイトの大島てるでも記載されています。

山本雄太容疑者、ヌンチャク殺害

グーグルストリートビューで砧アンビションを確認してみましょう。丁度真ん中にある白色の物件になります。

砧アンビションは築年月が1971年8月のも木造アパートで最寄り駅は、

  • 小田急小田原線(祖師ヶ谷大蔵駅)徒歩9分
  • 小田急小田原線(千鳥船橋駅)徒歩12分

に、所在します。専有面積は22㎡で家賃はおよそ5万円の物件です。

山本雄太容疑者の親のスネかじって、仕送り生活?

山本雄太容疑者が住んでいた物件(殺害現場)は、東京都世田谷区の家賃相場を考えると、比較的安い物件になります。22㎡の物件で同棲するにはかなり狭い面積で、山本雄太容疑者と鎌田ひとみさんが互いに自分の時間を作るのは難しかったのでしょう。双方無職ですし、家にいる時間が長くてて息の抜く時間が作れなかったのも殺害の動機かもしれません。

 

また、山本雄太容疑者と鎌田ひとみさんは双方無職で、なぜ賃貸に住めたのでしょうか。親が金持ちで30代後半にして仕送り生活の親のすねかじり野郎だったのかもしれません。山本雄太容疑者はアルコール依存症とか唄っていますが、酒を飲む前に仕事しろって感じです。

 

また、山本雄太容疑者はアルコール依存症の通院歴を利用して職に就けないといい、生活保護の受給資格を得ていたかもしれません。もしくは、山本雄太容疑者が貯金が膨大にあり、貯金を切り崩しての生活をしていた可能性もあります。

山本雄太容疑者のヌンチャク所持に対して世間から弄られる!

山本雄太容疑者の世田谷ヌンチャク殺害事件に対して世間の反応を見ていきたいと思います。

ヌンチャクで人殺めるレベルって、令和のブルース・リーじゃん
傷跡がヌンチャクの形状と同じ、ヌンチャクから山本雄太容疑者の指紋が検証されて、証拠が十分にそろっているのに、否認している内容が子供過ぎる。流石、中二病のヌンチャクオタク
鉄のヌンチャクってそもそも凶器だから、一般人が買えない様に販売業者を摘発するべきじゃないか?
ヌンチャクで殺めることができる程、ヌンチャクの練習をしていたんだろうな。そもそも物体に向かって当てる練習や実践的な事をしていないと無理だと思う。
山本雄太容疑者がヌンチャクを持っていた事、ヌンチャクを巧みに操れたことに対して、突っ込みどころが多く、ネットで話題になっています。鉄製のヌンチャクを振り回せるぐらいの健常者なのに、無職で仕事もせずに生活し、同棲相手の鎌田ひとみさんを殺害し、容疑に対して否認し、社会不適合者にも程がありますね。

新たな情報が入り次第、随時追記していきます(続く…)

コメント

最近のコメント