スポーツ

朝倉海vs堀口恭司の再戦はいつ?年末RIZINで決定か?

朝倉海、堀口恭司、RIZIN、再戦、いつスポーツ

今回はRIZIN23のメインイベントで見事なTKO勝利を収めた朝倉海の試合とその後のコメントや今後の展望を話していきたいと思います。

試合に臨むにあたって朝倉海が思っていた心境はどういうものだったのでしょうか?

また、朝倉海が「強い」「弱い」と二極化していたのですが、今回で強さが証明されたのかも記述していきます!

では、早速詳細を見ていきましょう!

朝倉海が扇久保博正をTKO!「戦略通り!」

https://www.nikkansports.com/

総合格闘技イベントのRIZIN23が2020年8月10日に横浜の「ぴあアリーナMM 」で4410人の観客を集めて開催され、メインのRIZINバンタム級王座決定戦で、朝倉海vs扇久保博正が行われました。

結果は1ラウンド4分過ぎに、右アッパーでたじろいだ扇久保に左ひざを強打し、パウンド追撃し最後はサッカーボールキック2発で仕留めて衝撃的なTKO勝利となりました。

見事、第三代RIZINバンタム級王者に輝きました。

今回の対策で扇久保が打撃でプレッシャーを掛けられると頭を下げるクセを見つけていたみたいです。

朝倉海は、

「狙っていた。
打撃に対して下を向く癖があるので、アッパーと膝蹴りを!
効いたら一気に行こうと思っていた。
セコンドの声が聞こえたし、兄貴の言う言葉通りに動けた!」

と、戦略通りの戦いを見せ、「最強の参謀」とも言える兄・朝倉未来が立てたであろう作戦を見事に遂行しました。

破れた扇久保は、

「立とうと思ったが止められて、まだできた。
でも映像を見たら止められてもおかしくない。
朝倉選手は強かった。」

と、完敗を認め、試合後の朝倉海との会話の際に、

「(海選手)強かったね!」

と、勝者を称えました。

敗れたとはいえ、扇久保の行動は尊敬できますね。

朝倉海の強さの評価は?

https://sportiva.shueisha.co.jp/

世間の朝倉海の評価は二分していて、

  • 実際に強いという評価
  • 強いのは幻想で弱いという評価

で別れていました。

朝倉海の相手がストライカーばかりなので、レスラーやグラップラーには負けるのではという意見も多々ありました。

過去にはグラップラーの佐々木憂流迦にKO勝ちしましたが、試合時間が短すぎたのでまだ底が見えていない状態でした。

別科に強い堀口をKOしているので強いと思われていますが、ワンちゃんをものにした強運なだけで実際は強くないという意見もあり、

  • 扇久保博正
  • 石渡伸太郎
  • 元谷友貴

と、戦ったら普通に負けるのではないかと、、、、

しかし、今回の扇久保戦で、朝倉海の強さを認めざるを得なくなりましたね。

総合的に強い扇久保を全く寄せ付けずにKO勝ちですからね。

扇久保は、

  • 石渡と壮絶な試合をして競り勝った
  • 堀口と対戦し、堀口からテイクダウンを取った
  • 堀口がKO,一本も取れずに判定まで行った

その相手を、ここまで圧倒的にKOするとは、朝倉海の実力はもう本物だと判明したのではないでしょうか。

試合後の衝撃発言!

https://gonkaku.jp/

昨年の大晦日にマネル・ケイプに敗れ、RIZINバンタム級王者のチャンスを逃した朝倉海は、コロナの期間に自分を見つめ直し、肉体改造を行ったそうです。

そして今回は勝利を上げ、そのチャンスをものにしました。

試合後の会見では今回に懸ける想いを語り、

「2連敗したらもう終わりだと思っていた。
もし負けたら、引退も考えないといけない。

と、衝撃発言を並べ、今回の戦いに並々ならぬ覚悟を持って臨んでいたことを告白しました。

試合後のリングでは、

「日本の格闘技を盛り上げたいので、僕が先頭に立ってもっとRIZINをデカく出来るよう頑張るので、これからもよろしくお願いします。」

と、宣言しました。

堀口恭司との再戦はいつ?

今回の朝倉海の勝利を受け、2019年8月に朝倉海に敗れ、その後怪我により長期欠場を余儀なくされている堀口恭司が自身のツイッターで、

と、 祝福ツイートをしています。

朝倉海に敗れたとはいえ、その前はRIZIN初代バンタム級王者でベラトールのタイトルも取り、未だ日本人最強と言われています。

朝倉海も試合後のリング上でのマイクアピールや終了後の会見でも、

(朝倉海vs堀口恭司)皆望んでいると思う。
万全な状態でやれるようになってから戦いたいし、年末にできたらいいですね。」

と、堀口戦の再戦を口にしており、堀口恭司はその対戦要求に応えるためにツイートしたそうです。

この件についてRIZIN榊原CEOは、

怪我明けの堀口選手がダイレクトリマッチになるか、一戦挟むかは本人と協議すると話していましたが、間違いなく再戦は行われると思います。

と、コメントしています。

2人の対戦はいつかと言えば、朝倉海が年末に望んでいる事や、あまりにもビッグカードなので恐らく年末のRIZINに実現するのではないでしょうか。

コメント