スポーツ

RIZIN22で後が無い選手の試合後インタビュー!(矢地祐介、山本アーセン、白川陸斗、古瀬美月)

スポーツ

2020年8月9日のRIZIN22で勝てば天国、負ければ地獄の負けてしまった選手の中から、特に後の無い選手達の試合後のコメントをまとめてみます。

  • 山本アーセン
  • 白川陸斗
  • 古瀬美月
  • 矢地祐介

4名を見ていきましょう!

RIZINで後がない選手の試合後インタビュー!

先述でも述べた通り、RIZIN22で敗北をし、もう後がない選手たちの試合後の心境を紹介していきます。

山本アーセン

山本アーセン、死亡、加藤ケンジ、RIZIN

出典:https://gonkaku.jp/

加藤ケンジにKO負けした山本アーセンは、

「RIZINだけ出るというのは贅沢過ぎるけど、望んでいない。
色んな大会に出て経験値を積みたい。
理想は1ヵ月に2~3回出来ればいいくらいの気持ち。
受け入れてくれる団体が有れば何回も試合したい。

と、コメントしています。

RIZIN榊原代表は、

「山本KID徳郁の七光りも山本美憂の七光りも届かない。
アーセンを出し続ける理由が僕にはないです。
良いDNAを持っているし肉体的にポテンシャルもあるけれど、残念ながら弱すぎますよね。
弱すぎるという言葉はあれですけど、素人ですよ。
闘う準備をどう作ったのか?戦略も何も無茶苦茶。
しっかり磨きなおして戻ってきて欲しいですね。」

と、辛口コメントをしています。

RIZIN戦績2勝5敗の山本アーセンは、今後日本に残り他団体で経験を積み、強くなってRIZINに帰ってくるでしょうね。

白川陸斗

https://spice.eplus.jp/

白川陸斗は試合後に、

「応援してくれた皆さん、関係者の方々本当にありがとうございました!
結果で返したかったのに、本当に悔しい。
今回の敗戦に関してはすぐにまた頑張ります。とは正直言えない。
ゆっくり後悔ないように考えます」

と、コメントしています。

アウトサイダーから朝倉兄弟、金太郎に続き、期待されていた白川陸斗ですが残念な結果になりました。

対戦相手の萩原京平は思いのほか強かったですが、一般的に見ればキャリア5戦の無名の地下格闘選手です。

試合後、榊原代表は、

「『未知強』っているんですね」

と、評価していたので萩原京平はチャンスをものにしました。

白川陸斗は厳しいのではないでしょうか。

ただ、この先未だ外国人選手が呼べないのであれば、もう一度RIZINのチャンスは来そうな気がします。

古瀬美月

https://news.yahoo.co.jp/

浅倉カンナにわずか95秒で一本負けした古瀬美月は試合後、

「全体的に力不足で申し訳ない。
ちょっとしばらく、あの、試合というか格闘技から離れるつもりで今日リングに立ちました。
いつになるか分からないですけど、ちょっとほんとに、そうですね、、、
一年ちょっと長くお休みを取らせていただきたいなと思ってます。」

と、コメントしています。

古瀬美月は19歳の女子大生で、もしかしたらこのまま格闘技に戻ってこないかもしれませんね。

矢地祐介

https://news.yahoo.co.jp/

ホベルト・サトシ・ソウザになす術なくKO負けした矢地祐介は、試合後、

「こっからひとつひとつ倒していってRIZINのトップ戦線に絡んでいきたかった。
最初の最初でこけてしまったので、どうすればいいのかなという感じですね。
正直試合に関しては何も考えられないです。

と、コメントしています。

試合翌日には自身のSNSで、

「くっそー!また早く試合がしたい!
あんな無様な一方的な負け方したのに沢山の人達がまた頑張れって、これからも応援してるって言ってくれて。やめてくれーーー!」

と、コメントしています。

矢地祐介のRIZIN戦績は6勝4敗となります。

直近の5試合では1勝4敗ですが、最初に5連勝しているのでその貯金で、まだRIZINで使われそうな気がします。

コメント