足立梨花が志村けんへ不謹慎発言!反論隠しメッセージとは?

足立梨花、志村けん、炎上、メンヘラ女優
出典:https://www.crank-in.net/

志村けんが緊急入院から逝去と言う衝撃のニュースが報じられました。

危篤状態と言われたり、容体安定と言われたりと、ずいぶんと情報が錯綜したものです。

しかし闘病もあえなく3月30日に、志村けんは帰らぬ人となってしまいました。

そんな中で喪に服す間もなく、志村けんとよく共演されていた足立梨花(あだちりか)の炎上騒動が巻き起こっているのです。

今この状況で、志村けんに関わることで炎上するなどどんな理由か想像もできませんが真相を見ていきましょう!

足立梨花が志村けんに関わることで炎上した経緯とは?

今回はその点について調査していきます。

スポンサーリンク

足立梨花の志村けんへの思いやりのない不謹慎発言が問題に!

足立梨花、志村けん、炎上、メンヘラ

https://twitter.com/

足立梨花が炎上した流れを説明していきます。

志村けんのウィルス感染が発覚した際、足立梨花はこんなツイートをしました。

「とりあえず、志村さんとは1か月以上あっていないので大丈夫です」

と、呟いたのです。

このツイートを見たファンは、

  • 「病気の志村さんを気遣う言葉はないのか」
  • 「冷たい言葉で高感度下がりました」

などと、反感を買う事になり、忠告もありましたが足立梨花は、

「注意喚起のために書いた。何を書こうと私の勝手」

と、いうような内容の反論ツイートをしました。

対して、志村けんが意識不明との報道には、病状を気に掛けると言うようなコメントは一切ありませんでした。

そして志村けんが旅立たれたニュースに対して足立梨花はやっと悲しみの声をあげるのです。

そこで、さすがに裏表がありすぎるという批判が殺到して、炎上騒動へと発展したのです。

確かに、こんなツイートがタイムラインに流れてきたら、「この人は自分の事しか考えてないのか、、、、」と、思ってしまうはずです。

芸能人と言えば、イメージが命ですし、人が何を呟くのも勝手ですが、受け手がどのように取るかも勝手なのです。

足立梨花はこういった周囲の反応に対して、どう思っているのでしょうか?

実は足立梨花自身のインスタグラムのストーリーでアンサーを返していたのです。

次に行きましょう!

スポンサーリンク

足立梨花のインスタグラムの隠し文字(メッセージ)がやばい!

足立梨花、志村けん、炎上、メンヘラ

https://www.youtube.com/

上記の通り、足立梨花は何度も共演しているはずの志村けんの感染が発覚した際、その病状を全く気遣う事がありませんでした。

志村けん感染の報道に対して、「自分は接触していないから大丈夫」という意味合いのツイートしました。

確かに志村けんの感染が発覚した時、ファンからは足立梨花への心配の声が多数届いていました。

しかしこの時、志村けんを全く気遣っていなかった為多くの人の反感を買ってしまいました。

この炎上騒動に対して足立梨花はインスタグラム上でも反論していたのです。

過激なメッセージを隠した投稿をして物議を醸しました。

写真には、満開の祝いの桜が画面いっぱいに移されており、拡大してよく見てみると、

  • 「わたしがしねばよかった」
  • 「そういってほしいんでしょみんな」

と、いうメッセージが隠されていました。

噂の画像がこちらです。

足立梨花、炎上、隠しメッセージ

https://www.instagram.com/

どこに隠しメッセージが入っているかわからんw

では、この画像を拡大してみます。

足立梨花、炎上、隠しメッセージ

https://www.instagram.com/

赤枠で囲ったところが隠しコメントになっているところです。

上から、

「わたしがしねばよかった」

「そういってほしいんでしょみんな」

と、文字が入っています。

これに対して世間の声は「逆に心を病んでいるのでは?」というように、遠巻きな心配が寄せられています。

スポンサーリンク

まとめ

足立梨花的には、「感染はしてません。大丈夫です。」とファンからの疑問に素直に答えただけとも取れます。

  1. しかし、その後「志村けんへの心配はないのか」というファンからの指摘にムキになって開き直った事。
  2. その割に、志村けんが逝去したとの知らせには何事もなかったかのように悲しみのツイートをした事。

この2点に一貫性がなかったから、ファンの志村さんへの悲しみがそのまま怒りのはけ口へと転じてしまったのではと思います。

ファンの気持ちも分かりますが、足立梨花も少し気の毒でしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました