井上尚弥が引退を2028年と公言!理由や世間の反応は?

井上尚弥の引退は2028年スポーツ
出典:https://www.sponichi.co.jp/

井上尚弥選手が自身の明確な引退時期について公言しているのですが、皆様ご存知でしょうか?

2028年に引退するという事を発言していますが、本当なのでしょうか?

まじ?井上尚弥選手の勇姿をまだまだみたい!

なぜ、引退時期を決めてボクシングをするのかという事についてみていきましょう!

また、井上尚弥選手が引退するまでに達成してほしい快挙なども言及していきます。

まずは井上尚弥選手の幼少期のエピソードから見ていきましょう!

スポンサーリンク

井上尚弥は小学校3年生でボクシングに対してけじめをつけていた!

井上尚弥の引退は2028年

https://hochi.news/

井上尚弥選手は幼少期からボクシングを始めていますが、過去に練習に対する姿勢からスパルタ教育の父真吾氏から、

「もうボクシング辞めろ!」

と、何度も本気で言われたことがあるそうです。

幼少期は弟の拓真といとこの浩樹とボクシングの練習に励んでいたので、自分1人だけが輪から抜け出すことが出来ない環境があったそうです。

小学校3年生の時にはやる気のない言動をしてしまい、父真吾氏が本気で怒り突き放され母親に相談を持ち掛けて、ボクシングを再開できたというエピソードがあるそうです。

しかし、井上尚弥選手は自分の口から人生で一度も、

「ボクシングを辞める!」

と口にしたことはなく、考えたこともないのです。

そもそも忍耐力がやばいな!

小学校3年生の出来事があった以来、一生懸命に練習を積み重ねてきたそうです。

結論、昔から変わらずボクシングを心の底から愛しているのです。

スポンサーリンク

井上尚弥の2028年に引退って本当?理由は?

井上尚弥の引退は2028年

https://headlines.yahoo.co.jp/

実は井上尚弥選手は自身で決めている引退時期を前々から公言していたのです。

それは2028年でボクシング現役を引退するみたいです。

10年先の事を公言するの格好いいな!

なぜ、井上尚弥選手が2028年を目途に現役を引退するのかという事についての理由ですが、自身の著書である『勝利を引き寄せる思考術』という本で紹介されていました。

内容の一部に父である井上真吾さんとのある会話が掲載されていましたのでその内容をまとめてみます。

井上尚弥の引退は2028年

https://headlines.yahoo.co.jp/

当時2019年の井上尚弥が25歳の時に唐突に父からこんなことを言われます。

「尚弥、30歳の手前でボクシングの現役を引退してほしい。」

と、言われたそうなのです。

これに対して、井上尚弥選手の返答が、

「現在のスポーツ医療を考えれば昔とは全然違うからあと10年はボクシングをやらせてほしい。」

と、発言しています。

これに対して、父の真吾氏は渋々ではありますが、納得したそうです。

ですが、この渋々という点に関しては、親心だと思います。

格闘技は殴られすぎると脳にダメージが蓄積して、パンチドランカーという症状になる可能性があるからです。

重症になると車椅子生活になったりもするそうです。

ふむふむ、父の気持ちもよく分かる!

結果として、井上尚弥選手は親心を理解したうえで、あと10年自分の目標があるからこそやらせてくれと述べたのだと思います。

では、なぜ2028年の35歳になる年での引退を選んだのかと言いますと、

「単純に36歳とか37歳というのは中途半端だということで切りの良い35歳という数字で終わらせたい」

と、いう事も公言しています。

そして、

「35歳でというゴールを決めることで、そこから逆算し自身のボクシングの取り組みを自身も変わってくるだろうし、ボクシング人生の中でのプランも決めやすい」

と、いう事も発言していました。

そして「簡単言ってみればボクシングの終活だ」という事が書かれていました。

残り10年間の試合数を逆算すると、年間2試合だと20試合、3試合行ったとしても30試合なので1試合たりともモチベーションの下がるような試合をしたくないと意気込みを見せています。

ボクシングと言う競技上、やはりずっと続けられるスポーツでは無いという事なので、井上尚弥選手みたいに期限を決めて全力で取り組むという事は逆算できるし、成し遂げたいことが整理できるのでさらなる結果を残していけるのかなと思います。

井上尚弥選手は芯があるので、このやり方でボクシングを続けていくと思うので今後の活躍にも期待できそうですね。

スポンサーリンク

井上尚弥の今後は?

井上尚弥の引退は2028年

https://number.bunshun.jp/

そんな井上尚弥選手に今後、

「前人未到の5階級制覇と強敵の選手とどんどん試合をしていく!」

と、いうことを述べています。

井上尚弥選手なら魅せてくれるぜ!

さらに強い相手を倒していき、今でも億を稼いでいると思いますが更に契約金の大きい何億も稼げるスターボクサーになっていっていただきたいと思います。

そして、あわよくば私個人の見解としては前人未到の6階級制覇の1人になって欲しいというのと、井上選手は現在4団体統一が可能なポジションにきておりますので、現状一番可能性の高いバンタム級で4階級の制覇をして頂きたいと思います。

スポンサーリンク

井上尚弥の引退について世間の声は?

では、井上尚弥選手の引退時期の表明について世間の声はどうなのか見ていきましょう!

未だに無敗ですが、あと数年も現役で活動するにあたって、

  • 負ける姿が見たくないからチャンピオンのまま引退してほしい
  • 逆に活躍を長い間見たいからけど負けることが恐怖

といったように、ファンの心情は複雑な物が目立っている印象を受けました。

仮に負けることがあったとしても悔しさの分、今よりもより一層強くなっていくのではないでしょうか?

なんにせよ、日本の国宝級のレジェンドであることは間違いありません。

スポンサーリンク

まとめ

井上尚弥選手は引退する年を2028年と明確に決めていたのは、先を見据えて逆算する事で自分のボクシング人生を明確にしていく事を踏まえてでした。

引退まで残り、20~30試合ですがこのまま無敗で戦ってくれることを期待していますし、応援しています。

井上尚弥選手は正真正銘の『国宝』です!

この記事をまとめると、、、

  • 引退時期については井上尚弥選手自身のプランがあるからこそこのタイミングで公言している
  • ボクシング人生の中で「辞めよう」と思ったことはなく、芯の強いファイター
  • 今後も歴史を塗り替え偉業を成し遂げてくれるに間違いない
  • 引退について世間の声を色々見ていましたが、井上尚弥選手に対してアンチコメントが一切ないのがレジェンドである証拠

コメント

タイトルとURLをコピーしました